成都旅行(3、パンダ基地)

その1 成都旅行(1) - パンダ日記

その2 成都旅行(2、天河路&犀浦) - パンダ日記

 

ついにこの日が来ました。パンダ基地へGO。

 

まず3号線の熊猫大道まで地下鉄で行きます。降りると目の前にパンダバスが止まっているので、乗ります。

f:id:panda-25:20170410022557j:plain

 (帰りのシャトルバスは5時半でなくなります。自分は普通の公共バスで动物园駅まで行ってそこから地下鉄で帰りました)

 

スタッフの方がうろうろしているので、バスが出るまでにチケットの買い方を聞きました。WeChat Payで支払う場合はパンダ基地の公式WeChatのアカウントがあるので、それ経由で購入するそうです。

f:id:panda-25:20170410225859p:plain

 

購入するとQRコードが表示されるので、それをパンダ基地の入場ゲートでかざして、入場します。もちろん現金で紙の入場券を買うこともできます。

 

さて、10分ほどバスに乗るとパンダ基地到着です。

f:id:panda-25:20170410022729j:plain

さっそく中に入ります。

ちょっと進むと一頭目に遭遇!

f:id:panda-25:20170410023026j:plain

寝てて顔を見せてくれない。

そう簡単には行かないようです。次のパンダ。

f:id:panda-25:20170410023504j:plain

おお!動いてる!お顔も見せてくれました!

 

f:id:panda-25:20170410023805j:plain

こいつは笑顔が好き~

 

f:id:panda-25:20170410023957j:plain

木の上のパンダ。

 

f:id:panda-25:20170410024258j:plain

この丸顔パンダはサービス精神旺盛で、ずっと正面を向いて食べてづけてくれました。食べてるだけでしょ?と思われる方。こちらをご覧あれ。

 

f:id:panda-25:20170410024507j:plain

これだけ見られているのです。それでも正面見て食べ続けてくれるこのサービス精神…プロフェッショナルと呼ばせていただきたい。

 

f:id:panda-25:20170410024630j:plain

この体勢で寝てるパンダ。

 

f:id:panda-25:20170410024747j:plain

一人で転げまわってるパンダ。

 

f:id:panda-25:20170410024844j:plain

広くたくましい背中をひたすら見せてくれるパンダ。

 

f:id:panda-25:20170410024951j:plain

木の上パンダその2。

 

f:id:panda-25:20170410025137j:plain

俺の人生このままでいいのかなぁ。

 

f:id:panda-25:20170410025310j:plain

子パンダはちょっと見づらかった。

 

f:id:panda-25:20170410025411j:plain

最後挟まって動けない子パンダ。

 

成都の友達によると、パンダの出産期は秋のため、本当に小さい子パンダが見たければ10月ぐらいにいくとよいみたいです。自分はいつか絶対また行きます。

またパンダは暑さに弱く、20度を超えると動かなくなると書いてありました。自分がいった4月頭ではまあまあ動いてましたが1、2割は寝てました。

 

思ったより広くて4時間ぐらいいました。本当は別のパンダ基地(成都郊外とかにもいくつかある)も検討していましたが、疲れたのと、かなり満足したので今回は行かないこと。

例えば4日間余裕あれば1日目に成都のパンダ基地、4日目に郊外のパンダ基地、という感じにするとまた見たくなった頃に再びパンダに会えるので良いと思います。

 

パンダになりたい。

 

続く。

 

成都旅行(2、天河路&犀浦)

その1 成都旅行(1) - パンダ日記

 

次の日は市内のホテルに移動です。

 

成都の空港からは地下鉄が出ていないため、シャトルバスまたはタクシーで市内まで行きます。一度空港に戻ってシャトルバスに乗るのも面倒なため、タクシーで太平园という地下鉄の駅まで行きました。

 

が。

f:id:panda-25:20170409035444j:plain

 

あれ、ここ成都だよな…少し不安になる。

その後、三号線の僻地、天河路まで向かう。

 

が。

f:id:panda-25:20170409035724j:plain

 

こちらもなんか殺伐とした雰囲気。

空気や街の雰囲気は上海より北京に近いと感じました。

 

気を取り直してホテルにチェックイン。その後犀浦駅に向かって散歩してみました。

 

f:id:panda-25:20170409040447j:plain

やっぱり殺伐とした雰囲気。

 

f:id:panda-25:20170409040947j:plain

ちょっと賑やかな場所。

 

f:id:panda-25:20170409040753j:plain

市場の入口。まだ人は全然いない。

 

f:id:panda-25:20170409041108j:plain

市場に入ると結構人がいる。

 

f:id:panda-25:20170409041237j:plain

市場によくあるヤツ。

 

 f:id:panda-25:20170409235250j:plain

夜は查渣面という面を食べました。細麺なんだけど平麺で美味しい。これで10元ぐらいだった気がします。

 

明日は待ちに待ったパンダ基地だ!

 

続く。

 

 

成都旅行(1)

2017年4月、成都に旅行に行ってきました。

主な目的はパンダとパンダ、そしてパンダです。

 

上海から成都まで飛行機で3時間。夜に飛んだので機内食がでました。

f:id:panda-25:20170409033921j:plain

中国東方航空機内食。意外と悪くない。

 

成都の空港に降り立つとホテルまで大体500メートルぐらい。車しか通れない道を通らなければいけないため、タクろうとすると

 

「500メートルでしょ、ダメ」

 

お断りされました。

空港前のタクシーは順番にお客さんを待っていて、一回列を出るとまた一番後ろに並ばないといけないため、お客を選んでいるっぽいです。(距離が短いと金にならない)

 

仕方なくホテルに電話して迎えに来てもらうことに。

 

「你在哪儿?くぁwせdrftgyふじこlp」

 

後半何言っているか分からない。

電話は雑音がある上、中国人はガナるので音が割れるのです。そもそも中国語あんまりわからない。

 

仕方ないのでセキュリティのお兄さんに電話に出てもらって、何を言っているか通訳(?)してもらう事に。

やっと迎えに来てもらい着いたホテルがこちら。

f:id:panda-25:20170409034023j:plain

キタ――(゚∀゚)――!!

パンダだー絵のやつちょっと不気味だけど。

 

f:id:panda-25:20170409034151j:plain

たれぱんだもいました。

ただこのホテルは空港近くの仮なので、次の日市内の別のホテルに向かうことに。

 

続く。

 

舌尖上的中国(2)

美味いもの第二弾。

その1 舌尖上的中国(1) - パンダ日記

 

 

 1. 生煎

 

f:id:panda-25:20170330232104p:plain

 

焼き小籠包と訳されますが、小籠包よりも大きく、中身もずっしりしています。基本は豚肉ですが、個人的に海老入りがおススメ。上海だと小杨生煎という店で買えます。

http://www.shanghainavi.com/food/398/

 

2. 干煸四季豆

 

f:id:panda-25:20170330230151j:plain

 

塩、唐辛子、花椒(山椒っぽい感じ)で味付けしてあるさやえんどうです。さやえんどうなのにご飯が進みます。歯ごたえもGood。

百度百科によると四川料理だそうですが、あまりにも一般的過ぎてどの店ででも食べられます。すき屋にもありました…

 

3. 手抓饼

 

f:id:panda-25:20170330232039p:plain

 

中国にしてはかなり優しい味の食べ物です。パリッとしたクレープ皮のようなものに、卵、ベーコン、チーズなどを入れて食べます。

自分の大学近くでは中に何を入れるか選べました。ハム、ソーセージ、バナナ、キュウリ、レタスなどなど。

 

f:id:panda-25:20170330231957j:plain

 

試しにバナナを追加してみたところ、ベーコンとバナナが生ハムメロン的な美味しさを醸し出しました。考えられているのかたまたまなのか。でも美味しい。

 

4. 地三鲜

 

f:id:panda-25:20170330231547j:plain

 

東北料理の一つ。

地三とはナス、ジャガイモ、ピーマンの事。これらをにんにくで炒めて出来上がりです。

割とにんにくの味が強く、途中で気持ち悪くなったりしますが、普通に美味いので何人か一つ注文してシェアするのが良いと思います。これもご飯が進みます。

 

5. 红烧牛肉面 

 

f:id:panda-25:20170330231425j:plain

 

中国で一番定番の麺です。

来たばっかりの時は日本のラーメンの方が美味しいと思ったのですが、慣れてくるとあっさりした味がだんだん好きになりました。肉には塩味がついています。

 

 

前回も書きましたが、中華は本当に種類が多いです。

学生時代には4回ほど中国に旅行しましたが、定番を知らない、店を知らない、人数が足りない(大皿なので二人とかで旅行するとあんまり食べれない)などの理由で、現地の人が本当に慣れ親しんでいる料理に出会うことが出来ませんでした。

また欧米の食べ物と違い、中華は店ごとに味が違います。例えば红烧牛肉面は最初食べた店では微妙だったのですが、その隣の店のは美味しい。

この辺を深堀れるのは実際に住んでいる利点なのかなと思います。

田子坊

不覚にも上海の名所を紹介してなかったです。パンダです。

今回は雑貨、衣料、小吃(軽い食べ物)がひしめく田子坊の雰囲気をゆるくお届けします。

 

最寄り駅は9号線の打浦桥駅。降りるとすぐに2号門があります。

 

f:id:panda-25:20170327001030j:plain

さりげなさ過ぎて通り過ぎてしまった…

 

入ってすぐに地図があって全体像がつかめます。

f:id:panda-25:20170326174611j:plain

 

雰囲気はこんな感じ。

f:id:panda-25:20170326173545j:plain

f:id:panda-25:20170326173327j:plain

f:id:panda-25:20170326173643j:plain

 

年末に行ったので人多いですね。

 

そして何でも売っています。お菓子。

f:id:panda-25:20170327002522j:plain

 

雑貨。

f:id:panda-25:20170327002942j:plain

 

掛け軸。

f:id:panda-25:20170327003201j:plain

 

クレしん

f:id:panda-25:20170327003312j:plain

 

どう見てもふくろう押しの猫ハウス。

f:id:panda-25:20170327003453j:plain

 

ホホー

f:id:panda-25:20170327003602j:plain

 

多くはないですが食べ歩きもできます。こちら臭豆腐。特に臭くなかったです。f:id:panda-25:20170327003829j:plain

 

コーンが豪華という逆転の発想。

f:id:panda-25:20170327004057j:plain

 

バーもあります。

f:id:panda-25:20170327004749j:plain

 

他にも似顔絵館とか革製品専門店とかまあとにかく色々あります。

色々あるのですが途上国特有の市場(いちば)の雰囲気ではなく割と清潔です。途上国のカオス感が苦手な方も試してみる価値ありです。その代わり整ったカオス感(謎)はあります。

 f:id:panda-25:20170327013230j:plain

是非来てね!(田子坊の正門にいるキャラクター)

 

この漢字読めますか?

これ。

 f:id:panda-25:20170323001648j:plain

 

正解は…

<記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます><記事一覧で答えが見えてしまうので文字詰めます>

 

 

あらためて、正解は…

 

 

ビャン(中国語表記ではbiang)です。画数はなんと58。

こんな字どこで使われるんだという感じですが、陝西省のご当地麺、ビャンビャン麺のビャンの字に使われます。

 

こんな字あるんだ読めても書けないなーと思っていたら、なんと日本にはもっと画数の多い字があるそうですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A8

 

こんな字が名前に入ってたら、テストで不利になりそうなので、マジ勘弁です。

音楽アプリ

風邪をひきました、パンダです。

 

さてご存知の方も多いかと思いますが、中国では音楽ストリーミングが無料で、ほぼ何でも聞くことができます。すでにサービスも乱立していて、結構みんなばらばらのサービスを使っています。

Appleの中国App Storeで「音乐」と検索すると…

 

f:id:panda-25:20170315230213p:plain

出るわ出るわ…

 

自分が知っている限りでも上の酷狗音乐、QQ音乐、网易云音乐、虾米音乐、多米音乐などがあるのですが、内容はほとんど同じです。

2017年3月現在では、以下のような特徴があります。

 

1. 日本のApp Storeからはアプリのインストールが出来ない(QQ音乐を除く)

2. 中国以外の国ではかなりの曲がブロックされる

アプリによって聞けなくなる曲が違いますが、基本は曲名がグレーアウトして押すと「権利取得中」みたいな文言が表示されます。

 f:id:panda-25:20170315230328p:plain

B'zもLinkin Parkもこのありさま(左二つ)、「お住いの地域では聞けないぜ」(一番右)

 

3. 中国の曲でも権利の問題で聞けないものがある

例えば中国で大人気の五月天というバンドはほぼ聞けないです。(ほぼというのはライブ盤が一部聞けたりするので)

と思っていたら逆に虾米音乐では五月天が聞けて日本の曲は聞けませんでした。この辺の事情は中国人でもよく分からないみたいです。

 

4. 歌詞が付いています

カラオケのように歌っている箇所の色が変わります。対応している曲としていない曲があります。

f:id:panda-25:20170315230607p:plain

 

5. UIはこんな感じ

基本は上の画像のようにアルバムにぼかしがかかって背景になります。

 

酷狗音乐はぼかし無しで音楽プレイヤー画面がぐるんと回ります。

f:id:panda-25:20170315230729j:plain

 

网易云音乐はレコード風の音楽プレイヤー画面がオシャレ。

f:id:panda-25:20170315230841p:plain

 

ちなみに自分の周りでは网易云音乐が一番使われている気がします。